高校時代の友人Yから結婚式の招待状が届いた。私「私、行ってもいいのかな?」友人Y「気にすることないって!来て来て!」⇒ 当日、結婚式の会場でこんな目に合うなんて…


いつもご視聴ありがとうございます(*^▽^*)

中学の時の事故が原因で私の額には傷がある。

メイクと前髪である程度は隠れるけど、

傷の場所が眉間に近いことから完璧に隠すことはできない。

両親と祖父母が女の子の顔に一生ものの傷があることを憂いて

整形や皮膚移植にだいぶお金をつぎ込んでくれたんだけど、

それでも完全には消えなかった。

思春期のころはそれなりに苦しんだけど、

周囲の助けがあったから乗り越えられた。

事故に遭ったのが中三の受験シーズンで退院した時にはもう学年があがっていて、

高校進学が一年遅れたけどそれ以外は普通に大学を卒業してOLをやっていたし、

ちゃんと恋愛して結婚もした。今は専業主婦。

ある日、高校時代の友人から結婚式の招待状が届いた。

この友人をYとする。

私が地元を離れてしまったことで直接会うのは地元に戻った時くらいだったけど、

私の結婚式にも参列してくれたし、

行きたい気持ちのほうが強かった。

でもおめでたい席に顔に傷がある私が行くことで水をさすことになりはしないか心配で、

Yに一度電話でその旨を伝えたら、

彼女はそんなこと気にしない。

それより直接祝ってくれるほうがうれしいと言ってくれたので

喜んで参列させてもらうことにした。

まだ手のかかる子供たちは旦那と同居の良ウトメさんが見てくれることになって、

小旅行のつもりで行っておいでと送り出してくれた。

途中までいいお式だった。

元々美人な花嫁だけどウェディングドレス姿はまた格別にきれいで、

優しそうな旦那さんと並んでいる姿に感動した。

(もう入籍はしていたから旦那さん。)

今思うと私って能天気なんだなぁって思う。

私はひたすら感動していたんだけど、

一緒に参列していた高校時代の友人たちは、

次のページへ続きます

応援よろしくお願いします(*^▽^*)


アンテナサイト様