学生の頃、無料Webサービスを構築した。意外と好評だったんだけど、メンテナンスが大変なので社会人になるタイミングで閉鎖することに。すると…


いつもご視聴ありがとうございます(*^▽^*)

学生のときにwebを主体にしてとあるサービスをしてたんだけど、

いろいろと年月が経つにつれてメンテナンスとか、

ハードウエアの維持にそろそろ限界がきてた。

ただ、そのサービス自体は意外と好評で、個人から企業まで使われていた。

そんなとき、サービスを支えてた一部のPCが修理しようとしたら

5~10万円ほどかかるほどに壊れてしまった。

もう潮時だしサービスを停止したら

次の日からメールの嵐。

初日100件ほどだったメールが3日後には1000通近く溜まっていた。

内容はいきなり使えなくなって困るとか、

再開の予定は無いんですかといったもの。

ほとんど無視してたんだけど、

同じ発信もとからメールが大量に送られていた。

メールの問い合わせが1週間くらいで落ち着いて来たのに

そこは一日に30通近く送っていた。

他の対応に時間取られていて、

あとになって確認してみたら、

零細企業からの問い合わせだった。

内容はサービス停止は受け入れられない重大ななんとかかんとか~から始まって

せめてデータだけは送ってくれと言ったモノ

ただ、企業として登録がなされてたところから

優先的にデータ送付の対応してたからかなり気がつくのが遅れてしまった。

謝罪して対応は少なくとも3週間以上たってからでないとできないと

返信すると怒涛の長文メールが・・・

中身をかいつまんで言うと、

勝手にサービス停止した挙句ウチを倒産寸前に追い込んでおいて

その態度はなんじゃい!訴えるぞ!

と言った感じ・・・

無料のどこの誰がやってるかわからないサービスに

会社の命運かけるってどんな精神してるだと思いつつ、

次のページへ続きます

応援よろしくお願いします(*^▽^*)


アンテナサイト様