「気づかなかった…水面下で疲弊しきっていたなんて・・・」地元のTSU○AYAが閉店したことに対する想いを表現したマンガが多くのユーザーの共感を得ていると話題に

時代の流れや景気に左右されて、

お店が閉店してしまうこともありますよね。

思うようになかなか客足が伸びなくて

売り上げが上がらず・・・

昔よく通っていたお店が、

ふと地元に帰ってみたら、

なくなっていたときのなんともいえない感覚というのも

忘れられないものがありますよね。

Twitter上でとあるマンガが多くの共感を生んでいます。

マンガを投稿したのは近藤笑真(@sotincat)さん。

それは地元のTSU○AYAが閉店してしまったことへ想いを描いたものなのですが、

いったいどんなマンガだったのでしょうか?

次のページへ続きます

応援よろしくお願いします(*^▽^*)


アンテナサイト様