おじさん「はぁ?何? あんたんとことうちは、遠縁じゃゆういても親戚じゃろが!」俺&かあちゃん「ええぇー?( ; ゜Д゜)」おじさん「バッカじゃなかろか!だいたいなぁ、ここら一帯はみんなどっかで血が繋がっとるんだわ!」このおじさんの話を聞いて俺は正直うれしかった。でもこのあとかあちゃんが「うちの亡くなった主人は…」


いつもご視聴ありがとうございます(*^▽^*)

うちは、とうちゃんが幼稚園の頃に病気で他界。

とうちゃんは他の兄弟も亡くなってて、結果的に1人っ子で、とうちゃんの親

(俺からは祖父母)もすでに亡く、

祖父母がとうちゃんに残した田舎の広い家をもて余したかあちゃんは、

働きにでなければいけないこともあって、家と田圃を処分し

俺を連れて、同じ地域だけど交通の便がいいとこに引っ越した。

田舎だから、他所の家の離れみたいなちっこい家でかぁちゃんと二人で住んでた。

最初はすごく寂しい暮らしだったけど、近所に何かと気にかけてくれる家があって、

野菜とか米をただ同然で分けてくれたり、鍵っ子の俺を不憫がって可愛がってくれて、

次第に自分の家みたいに自然に出入りできる位になって行った。

かぁちゃんもすぐに打ち解けて、困ったことがあれば相談してたし、

そこの家の親戚が来てる時も、俺のことを遠縁に当たる何とかの何とかって話を

その家のおじさんおばさんでしてたから、子供心にやっぱり親戚なんだ、

だからこんなに良くしてくれるんだなぁー、と納得し、又親戚であることが嬉しくて益々なついてた。

そこの家のお兄ちゃんお姉ちゃんも、歳が離れた俺をめっちゃ可愛がってくれて

兄弟同然の扱いで、御飯もしょっちゅうご馳走になってて、おじちゃんの

「喰え喰え、喰わねば大きいなれんぞ!」の掛け声のもと、常時三杯は遠慮なくかっくらってますた。

そんな暮らしをごく当たり前に過ごすうちに、俺も高校生になり

部活だ、友達だと外で過ごす時間が増えていき、遊びにいくのも2~3ヶ月にいっぺん

位になっていた。

でも、かあちゃんは相変わらず親しくしてたし、俺的にはいつでも行ける親戚の家で

ある訳で、行かないことも気に止めてなかったし、むこうもそうだったと思う。

そんなある日、就職して都会に出てた兄ちゃんと姉ちゃんが帰って来てるから、

庭でバーベキューするからあんたもきんさい、とおばさんから電話があり

その頃仲が良かった坂本君(仮名)と行って、たらふく肉をご馳になって帰って来た。

家に帰ってから、盆や正月でもないのに、なんで兄ちゃんや姉ちゃん帰って来てたん?

と不思議に思い、かあちゃ聞いたところ、

「ああ、砂糖さん(仮名)ちの本家の法要らしいよ、五十会期の人がおるからお位牌まとめるんよ」

俺「ふーん、うちは行かんでええの?」

次のページへ続きます

応援よろしくお願いします(*^▽^*)


アンテナサイト様