「学力テスト受けてみませんか?」私が中2のころ、うちにおばちゃんが訪問してきた。クラスメイトの名簿を見せられ、「この子も受けてますよ。」なんて言うもんだから、怪しげなテストを受けることに。案の定、後日おばちゃんが参考書を大量に持ってうちに来た。なかなか帰ってくれなくて困っていると、父が…


いつもご視聴ありがとうございます(*^▽^*)

中学生2年くらいの頃、

スーツ姿のおばちゃんが高校入試の為の学力テスト受けてみませんか?

て訪問してきた。

今でもこういうのあるのかな?

テスト受けて後日おばちゃんが来た時に

大量の参考書売りつけようとしてくるっていう。

当時の私と母はそんなことになるとは思わなかったし、

クラスメイトの名前の書いてある用紙見せられて

「この人達も受けてますよー」て言葉に乗せられテストを受けてしまった。

後日おばちゃんが来ると言う。

しかも必ずお家に上がらせてほしいと。

まだ何も知らないので快く了承。

やってくるなり大量の参考書をドサドサ広げ出すおばちゃん。

確か全部で30万円だった。

え?テストのことは??状態の私と母。

おばちゃんのセールストークはガンガン続く。

私と母は「いりません、無理です」の連呼。

でも、母の言葉が弱かったせいかおばちゃん全く引かない。

7時ごろ夕飯を待ってる父が少しイライラしながら

「まだ終わらんのかー!」と向こうの部屋から叫んできた。

おばちゃんは「あなた達では話にならないからお父様呼んでください」だと。

父はこういう来客対応が大嫌いなので母はなんとか断ろうとする。

そこから30分程。

痺れ切らしたおばちゃんが

「お父様ー!出てきてくださーい!お嬢さんの将来がかかってるんですよー!」

て叫びだした。

青ざめる私と母。

スタン!と障子が開いた。

父が鬼の形相で箒を掲げて立ってた。

おばちゃんが「ひょっ」て言うのが聞こえた。

次のページへ続きます

応援よろしくお願いします(*^▽^*)


アンテナサイト様