A「言葉が分からないのに、話しかけたって無駄!」私「え…言葉の遅れが心配…」→数年後、再会した時に聞いたAの息子は…


いつもご視聴ありがとうございます(*^▽^*)

【あらすじ】

子供ができる前のAはノリが明るくて社交的だった。

でも子供に対しては、

「言葉が分からないのに、話しかけたって無駄!」

という独自の教育理論を語って、息子ちゃんを育てていた。

仲間内では、

「そんなことしたら言葉の遅れが心配…」

なんて話をしていたが、Aさんは聞く耳を持たなかった。

数年後、近況報告を兼ねてみんなで会おうという話になり、

Cさんの家に集まった。

独自の教育理論で育てられたAさんの息子は…

次のページへ続きます

応援よろしくお願いします(*^▽^*)


アンテナサイト様