「もう…どうしたらいいの…」長男のイヤイヤ期真っ盛りの時、旦那も激務で頼ることもできず完全に疲弊しきっていた。それを見かねた旦那が遠くに住んでいる義母をうちに呼んでくれたんだけど…


いつもご視聴ありがとうございます(*^▽^*)

668:暇つぶしの名無しさん:平成30年 03/28(木) 11:20:09 ID:BFq

二十年以上前の話。

長男がイヤイヤ期真っ盛りの頃、

とにかく疲弊してた。

とりあえず何でも嫌、ママ嫌い!の言葉、夜泣き etc……

よくあることだけど、主人が激務の中、

ほぼワンオペの育児でいっぱいいっぱいだった

主人も可能な限り手伝ってくれてたけど、

それもすごく申し訳なかった。

家事も育児もできない自分は

なんて情けない嫁なんだろう、って。

睡眠時間が短いこともあって

イライラとそれを押さえる狭間にいて、

子供に手を上げることだけはしないようにと

毎日自分を押さえつけるようにして生きてた

何に対しても面白みを感じられなくなって、

家の中に取り残されてるような閉塞感で、

多分限界だったんだと思う

見かねて主人が、

私に断って遠方に住む義母を呼んでくれた

(私両親はどちらも死別、義母とは良好な関係)

引用:https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1545877507/

次のページへ続きます
アンテナサイト様