義実家に挨拶に行き、自宅に帰ったら離婚だったんだけど、”それぐらいのこと”と捉える人と”それはない”と捉える人がいて…


いつもご視聴ありがとうございます(*^▽^*)

スポンサーリンク

612:暇つぶしの名無しさん:19/12/06(金)18:57:40 ID:83E

結婚2ヶ月でスピード離婚した時の話。

当時千葉在住。

元夫の地元は愛媛県の西部にあり、

松山市まで車で

2時間近くかかるようなところだった。

10月に結婚して翌月、

連休を挟んで有休をとり

5泊6日で義実家に結婚の挨拶に行った。

元夫は車の運転が好きなので

車で行くと言い、

私はさすがに長距離すぎると思い反対した。

が、眠くなったらほんの少し

交代してもらうだけで、

基本自分が運転していくからと言い、

また二人分の交通費を考えると

その方が安いと言い、仕方なく了解した。

元夫は普段から仕事で

長距離に乗り慣れていることもあったので

安心とは思わないが、

スポンサーリンク


元夫がそこまで言うなら・・・と言う感じ。

ところが、帰る予定の前日に

突然元夫が仕事で

戻らなければならなくなり

飛行機が取れたからと

先に帰ってしまった。

その時にちょっとした

喧嘩になった。

元夫は

「ゆっくりでいいからおまえが車運転して帰れ」

と言い、

私はあまりにも

無謀過ぎると断った。

「じゃあ車どうするんだ」

と言うので、

一旦こちらに置かせてもらって

(農家なので置き場所はあります)

お正月にでも又来ればいいと。

お正月は2ヶ月後で、

私の実家に挨拶に

行くことになってたんだが、

この際それはまた後日でいいと思って。

「車がないと困る」と言うが、

元夫も私も

通勤に必要なわけでもないので

少しの間我慢しようよと言ったが、

とにかくダメだ。

車は必要。

お前が乗って帰れ。

と言う。

私はこれまで最長距離で

千葉~富士山までしか

運転したことがなく

無茶苦茶だと抗議したが

聞き入れてくれず

「急がなくていい、ゆっくり走ればいいから」

と、さもそれが思いやりのある言葉

かのように言い残し、

振り切って帰って行ってしまった。

義父母もさすがに呆れていたが

「まぁ息子が出来て嫁にできないことはないだろう」

って感じ。

今になって思えば、

元夫の言うことなんて無視して

車を置いて新幹線で

帰れば良かったんだが

その時はとにかく事故を起こさない

ようにしなきゃと言う

プレッシャーばかり頭にあって。

で、高速道路を暗い時に

走るのは怖いので、

翌日は7時ぐらいに出発するつもりで

そうすると明るいうちに

到着するのは私には無理だろうと思い、

どこかで高速を下りて

ビジホででも泊って、

2日がかりで帰る予定にしたことを

元夫に連絡しようとしたが電話に出ず、

メールしたが返事もない。

(LINEは元夫はやっていません)

無理をして事故を起こしても

いけないしと思い

会社に事情を話して

もう一日有休を貰う連絡をして、

翌日は朝7時に出発した。

ちなみに、往路では朝5時前に出発して

途中食事や休憩をして14時間かかった。

私は夕方4時ごろになって

やっと愛知県を抜けたようなペースで

もう疲れて疲れてギブアップしてしまい、

浜名湖のSAで携帯で予約を取って

浜松市のビジホで泊まった。

ホテルからも何度も電話を

掛けたが出ず、

留守電に折り返し電話が欲しいと

入れておいてもかかってこない。

出ても文句言われるだけだと

思って出なかったんだろうと思う。

(余談だが、そこは人工温泉がある

ビジホだったので、すごく助かったw)

そして翌日再び6時間ほどかけて

自宅に戻ったが

一泊したことを

「なに無駄遣いしてんだよ。帰ってこれただろう」

ってすごく怒られた。

義実家には途中で1泊するつもりだと

言うことは話してあったので、

そちらで知ってはいたようだ。

私は自分が間違ったことをしたとも、

無駄遣いしたとも思っていない。

寧ろ元夫の命令に対して

最良の方法で帰ってきたと思っている。

無茶させられたことを謝罪されこそすれ、

怒鳴られる覚えは全くない。

後になって考えてみれば、

車を輸送する方法だってあったわけで

それは仕事の為とはいえ、

車を置いて帰らざるをえなくなった夫が

考えるべきことだったと思う。

義実家にひとり残して

さっさと帰った上、

こんな思いをさせられて

私はどうしても元夫を許せなかった。

夫からは、長旅を気遣う言葉も、

無茶させて悪かったって言葉もなかった。

漸く自宅に戻ってクタクタな夜、

帰ってきた元夫にそんなふうに言われて

まだ新婚2ヶ月にも満たないのに、

こんなにも大事にされていない

ことに愕然とした。

どうしても気持ちが以前のように戻らず、

愛が冷めたどころか

元夫のことが汚らわしくさえ思えた。

自宅に戻った翌日、

貴重品を持って出社し、

結局そのまま二度と帰らなかった。

友人の間では賛否両論。

“それぐらいのこと”と捉える人と

“それはない”と捉える人。

なかなか興味深かった。

614:暇つぶしの名無しさん:19/12/06(金)19:02:36 ID:tTK

>>612

自分のせいで一人で車を長距離運転して

帰る羽目になった妻の判断に

ケチつけるのはない

615:暇つぶしの名無しさん:19/12/06(金)19:12:35 ID:qOK

>>613

事故がなくて良かった。

あなたは悪くない。

616:暇つぶしの名無しさん:19/12/06(金)20:02:09 ID:83E

>>614

>>615

ありがとう。

分かってくれて嬉しい。

しばらくの間

筋肉痛が酷かったんだよね。

本当にあんなに緊張して

運転したの初めて。怖かった。

617:暇つぶしの名無しさん:19/12/06(金)20:56:03 ID:Dma

リアルで賛否両論になるのは

わかる気がする

こうやって「読み物」として

きちんと読んで、

消化して意見を言うなら

うわーひどいーねと言えるけど、

実際に会話してる最中に言われても

「長距離運転させられた」

くらいしか印象に残らないから、

それより

「相手の家に挨拶に行って帰宅したら離婚」

のほうがインパクト残ってしまう

引用:今までにあった修羅場を語れ【その27】

https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1553414878/



ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。
アンテナサイト様